セミナー情報

「中国進出したことで会社が窮地に陥る前に…Part3」

主なテーマ

·         当局への日本企業の対策(電子データの扱い、不正調査)

·         「新常態」の中国における最近の法実務

-税関トラブル、独禁法調査、商業賄賂に関するコンプライアンス対応を中心に-

·         パネルディスカッション 参加者皆様の懸案事項より

本セミナーでは、中国における法的トラブルに関連する業務を長年にわたり現地で取り扱われてこられた陳天華弁護士、丁婕弁護士を講師にお招きし、日本の本社サイドで、現地法人が関わる紛争事件をいかに予防し、対応するかという点、中国における事業の維持・拡大のため、中国最新法律実務動向について、全面的に具体的事例を挙げて分かりやすく解説していただきます。 今回は、パネルディスカッションの時間を設けさせていただき、事前に参加者の皆様にお伺いしている懸念事項に関してご回答いただきます。

講師ならびにセミナーの詳細はこちらより

会場:アルカディア市ヶ谷 〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25

定員50名

受講料:無料

お申し込み方法:下記アドレスまで

送付先seminar-japan@krolldiscovery.com

必要事項を明記の上ご送付いただけますようよろしくお願いいたします。

必要事項:貴社名、ご部署名、お名前、E-mailアドレス、お電話番号、質問事項

*本セミナーでは、パネルディスカッションとして貴社の懸念事項・案件に関する解説時間を設けさせていただいております。ご参加お申し込みの際は、ぜひ現在貴社が直面している懸念事項・事案に関して、対策を講じなければいけないと思われる事案に関しましてご提示いただけますようよろしくお願いいたします。

セミナーのご登録は、6月9日(金)までに, 必要事項を上記メールアドレスまでお送りください。