Press Releases

Friday, January 29, 2016

クロール・オントラックは、Eディスカバリテクノロジーとローカルな専門知識によりローカルデータ管理を実現

規制当局の調査と規制の遵守のために高まる柔軟なオンサイトテクノロジーの必要性
東京 – 2016 年1 月26 日 – 国家間、規制業種間、組織間のデータ移送に影響を及ぼす法制度がグローバルに
変化する中にあって、さまざまな組織が、調査、規制当局からの情報要求、コンプライアンス義務への対応時のデータプラ
イバシーの懸念にどうすれば最善の対処ができるかという問題に取り組んでいます。こうした状況に対応して、クロール・オン
トラックは本日、ポータブルなE ディスカバリテクノロジーとコンサルティングの組み合わせによって、組織が世界中どこででもデ
ータの収集、解析、処理、フィルタリング、レビューを行うことを実現する独自のサービス提供モデルを開始しました。
クロール・オントラックのモバイルソリューションは、パワフルな処理・レビューテクノロジーとローカルコンサルティングに関する専
門知識を組み合わせて、オンサイトでのデータのフィルタリング、検査、レビューを実現するものです。データセンターや固定
的な国内ソリューションはもう必要ありません。クロール・オントラックのコンピューターフォレンジック・調査の専門家は、出向
いた先で、対象データの解析を行い、コンプライアンスチームやE ディスカバリチームの弁護士と協力して、具体的なユーザ
ーの活動に照準を合わせ、事実に基づくケース戦略を策定します。
「当社のモバイルソリューションのパワー、ポータビリティ、柔軟性により、私たちは、文字どおりどこででも、グローバルなクライ
アントが世界中に拡散しているデータに関する難題に対処するのを支援することができます」とクロール・オントラックのプロダ
クトディレクター、ウェンディ・キングは話しています。「ここ6 カ月間をみても、プライバシー法による制限や入り組んだ規制が
実施されている国や業界で複雑で慎重な対応を要することが多い調査について支援を必要とするお客様が大幅に増えて
います。ローカルな法、言語、文化に関する問題に精通しているコンサルタントが展開する当社の統合グローバルソリューシ
ョンは、お客様が必要とする場所で必要とする時にパワフルなテクノロジーとローカルな専門知識へのアクセスをお客様に提
供するものです。
現在、E ディスカバリは、その訴訟制度のもとでE ディスカバリを行う義務のない国にとっても、企業や法人のガバナンスの
場面で重要な要素になりつつあります。最近クロール・オントラックが公表した報告書New Frontiers in Ediscovery
(E ディスカバリの新しいフロンティア)では、欧州とアジアでのE ディスカバリの急速な発展に注目し、今では訴訟事件に
限らず豊富な法務事案で用いられているE ディスカバリテクノロジーの適応性を大きく取り上げています。
「グローバルな組織や法律事務所は、広範囲に及ぶデータ管理上の難問に対応するのに用途の広いE ディスカバリのテク
ノロジーを頼りにしています」とクロール・オントラックCEO、マーク・ウィリアムズは話しています。「具体的には、モバイルテクノ
ロジーがコンサルタントのローカルな専門知識と手を組むことは、世界中の詐欺や腐敗行為の調査、高度に規制された環
境、業界または国での訴訟データの処理、国内外で高度に慎重な扱いを要する企業データの検索によりデータセットをさ
らに理解するために不可欠な場合があるのです。」
クロール・オントラック・インターナショナル・リーガル・テクノロジーズのマネージング・ディレクター、ティム・フィリップスは、次のよう
に述べています。「最近のセーフハーバー協定無効の判決、欧州連合における「一般データ保護規則(General Data
Protection Regulation)」の改革、中国の国家秘密保持法により、組織はデータ管理方法の厳格化を迫られており、
データプライバシーの問題に対処するためにモバイルE ディスカバリのような具体的なソリューションが求められています。」
世界中のクライアントがローカルな専門知識とサポートを求めているのを受けて、クロール・オントラックではデータセンターと
文書レビューチームのグローバルなネットワークを拡大しています。モバイルソリューションと5 カ所のデータセンター(米国、
英国、フランス、ドイツ、日本)のほかにも、クロール・オントラックは、真にグローバルなサービス展開を支援するために世界
30 拠点に裁判実務に精通した専門家を配しています。2014 年5 月にはフランクフルトにドイツのデータセンターを開設
し、2015 年早々にはパリにフランスのデータセンターを立ち上げました。さらに2015 年1 月にロンドン市内の裁判所や
法律事務所の集まる地区に設置された文書レビューセンターは、急成長を遂げ大成功を収めています。つい最近も、クロ
ール・オントラックは、クライアントによる国家秘密保持法の遵守を支援するために中国でE ディスカバリサービスを提供する
ことや、Relativity の英国サービスとの統合を公表し、2016 年3 月には東京の事業環境にもRelativity を投入する
計画です。Kroll Ontrack は、Relativity のベストサービスパートナーであり、2015 年のRelativity Innovation
Award for Best Service Provider Solution を受賞しました。
クロール・オントラックのモバイルソリューションに関するさらに詳しい情報については、www.ediscovery.com をご覧くださ
い。
Kroll Ontrack LLC について
クロール・オントラックは、弁護士、企業、政府機関のほか消費者の効率的でコスト効果にすぐれたデータの管理、リカバリ、
検索、分析、精査、提出を支援するためにテクノロジー指向のサービスとソリューションを提供しています。受賞歴のある一
連のソフトウェアのほか、クロール・オントラックは、データリカバリ、データの破棄、E ディスカバリ、コンサルティング、文書のレビ
ューに関するサービスを提供しています。クロール・オントラックとそのサービスに関するさらに詳しい情報については、
www.ediscovery.com をご覧いただくか、またはツィッターで @KrollOntrack をフォローしてください。
広報窓口:
Judith Massey、Charlotte Pascal、Camilla Medd
Citigate Dewe Rogerson
電話:00 +44 (0) 207 638 9571
Camilla.medd@citigatedr.co.uk