社内調査からFCPAまで

クロール・オントラックのデジタルフォレンジックス調査チームは、以下を含む様々な
事件のデジタル証拠に対応してきました。

  • IP盗難
  • 詐欺
  • 企業によるコンピューターの不正使用
  • 刑事弁護
  • 内外のハッキング
  • 文書の来歴
  • その他多数
クロール・オントラックには、高度な技術を有するフォレンジック調査官のチームが
おり、厳格なデータ処理原則に従って、見つかった証拠が裁判所や法廷で確実に
証拠能力を持つようにします。

したがって、不正行為が疑われる場合は、たとえ善意からの申し出であったとしても、
素人にデータのメディアを「ちょっと検査」させるようなことはしないでください。
すぐに専門家に電話して、調査の次のステップについての助言を速やかに
受けてください。

現場を確保する

クロール・オントラックには、高度な技術を有するフォレンジック調査官のチームが
おり、厳格なデータ処理原則に従って、見つかった証拠が裁判所や法廷で確実に証拠能力を持つようにします。

したがって、不正行為が疑われる場合は、たとえ善意からの申し出であったとしても、
素人にデータのメディアを「ちょっと検査」させるようなことはしないでください。
すぐに専門家に電話して、調査の次のステップについての助言を速やかに
受けてください。

真実の解明

当社の専門家は、容疑者が消去または隠ぺいしようとした可能性のあるデータの回復、
文書やメモに埋もれている重要データの復元、複数の情報源に含まれるデータの整理を
支援します。

専門家のレポート

お客様の事案が専門家の意見を必要としている場合にも、クロール・オントラックの
コンサルタントと調査官は、審理での証拠の提出、報告書や宣誓供述書の作成についての
豊富な経験があります。

当社のフォレンジック調査官は、司法制度のあらゆるレベルにおける裁判所や法廷での
様々な事案について専門鑑定人として出頭しています。

当社の技術者は、保管の継続性(chain of custody)とフォレンジックプロトコルに
厳格に従うことで、重要な調査結果が裁判所で証拠として認められる可能性を劇的に
改善します。