Eディスカバリとデータリカバリにおける世界のリーダー

03 3509 7110 (Eディスカバリ)
03 3509 7133 / 03 3242 3369 (データ復旧)

Eディスカバリ

効果的でコスト効率の良い優れたEディスカバリサービスを提供いたします。

03 3509 7110 / お問い合わせフォーム

Eディスカバリ

デジタルフォレンジック

証拠文書を厳重に取り扱い、分析、保護致します。

03 3509 7110 / お問い合わせフォーム

デジタルフォレンジック

データリカバリ

紛失データを迅速に、そして安全に復旧致します。
熊本地震への特別対応について

03 3509 7133 / 03 3242 3369 無料見積りはこちら

データリカバリ
  • eDiscovery Hotline 03 3509 7110
  • Data Recovery Hotline 03 3509 7133 / 81 3242 3369
  • Request further information
  • Visit our office in Tokyo.

クロールディスカバリが
お客様のビジネスをサポートします

日本そしてアジア各地で、Eディスカバリとデジタル
フォレンジックサービスを提供することにより、紛争解決、反トラスト、内部調査を主とした実務分野でクライアントと提携しています。クロールディスカバリは、最先端の
リーガルテクノロジーを活用して、ディスカバリまたは
調査手続の全般でお客様をサポートします。

クロールディスカバリは
お客様のビジネスに
付加価値をもたらします。

30年以上の経験でお客様のお役に立ちます。

データリカバリ アライアンス/テクノロジーパートナー

Newsletter Anmeldung

デジタルフォレンジック

フォレンジックのエキスパートである
クロール・オントラックチームは強力なツールと
一連のサービスをもって、電子データ証拠に対し、
いつでもお客様からの要求に応えられるよう
備えています。

Learn more

The Ediscovery Blog

Feb
23
By Michael Nuncic
This question is still a very hot topic for all owners of bitcoins. Even though most of the so-called bitcoin owners in reality don’t really own a bitcoin or parts of it, and only have an account on one of the many cryptocurrency exchanges around the world and the internet, some people do. It was (and sometimes still is) possible to buy a real bitcoin over the internet. All you …Read More
Feb
23
By Michael Nuncic
In a previous blog post, we showed the need for a new storage concept for the ever growing amount of data in the Big Data Age. We showed that the traditional storage methods, File Storage and Block Storage, cannot handle these growing numbers of data because of overhead in file structure and hierarchy information added there. The solution to this challenge in data storage is Object storage. But what about …Read More
Feb
22
By Michael Nuncic
More data is transfered and generated globally than ever before. The analysts from IDC are expecting that by 2025 the global datasphere will grow to 163 zettabytes. That is an increase by more than 1000 % from the 16.1 ZB of data of 2016. The reasons for this vast increase of data are various: A lot more sources and devices are generating data than before – embedded systems and  devices …Read More